2017年03月02日

【333】ロシア革命って知ってる?

333_ロシア革命って知ってる.jpg

 パンを求める民衆に軍隊が発砲したことに始まる一連のロシア革命は、100年前の2月に始まった。

 でもその歴史的評価はどうだろう?

 世界にはまだ社会主義体制の国があるが、科学的先進性もロマンも期待できない。ただ国や政治を考える材料にはなったかもしれない。(写真は映画『ラスプーチン』)


posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットの穴かがり

2017年03月04日

【334】ロシア映画の掘出物

334_ロシア映画の掘出物.jpg

 ロシアものもう一話。

 此頃、現代ロシア映画にはまっている。映像の美しい『The Island』、モンゴル台頭を描く『The Horde』、エルミタージュ幻想の『Russian Ark』、主人公が日本人ヤクザ牧師の『Confession of Samurai』・・・。

 でも掘出物No,1は、1940年代のSLどうしが激突する『The Edge』だ。間違いなくロシア人が好きになる!


posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットの穴かがり

2017年03月06日

【335】爺飯10「しぐれ煮」自論

335_爺飯10 「しぐれ煮」自論.jpg

 貝や肉などの生姜風味の佃煮を「時雨(しぐれ)煮」と呼ぶ。「元は桑名名物の『時雨ハマグリ』を・・・云々」という話は置いて自論。

 ふつうに佃煮にすると食材が固くなるが、強火で短時間に煮ると濃い味でもふっくらできる。

 ジブジブ煮ては瞬時休んで汁を減らし、また煮詰める作業はまさに「時雨」だと思うが。

 牡蠣を焼き豆腐に添えてみた。


posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットの穴かがり

2017年03月08日

【336】中国映画の黄金期?

336_中国映画の黄金期.jpg

 1880年代半ばから1990年代初頭の中国映画、たとえば『黄色い大地』『紅いコーリャン』『菊豆』『紅夢』『さらば、わが愛/覇王別姫』など張芸謀や陳凱歌ら“第五世代”の作品は、原作も実に面白かった。

 Fuckとガンとカーチェイスとコカインばかりのハリウッド映画は明らかにクソだが、今の日本映画はそれ以下かも。

 原作がないからか? あのハルキさんじゃぁねぇ・・・


posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットの穴かがり

2017年03月10日

【337】『エリナリグビー』の孤独

337_『エリナリグビー』の孤独.jpg

 ビートルズの『エリナリグビー』はストリングスとコーラスが美しい名曲だが、「孤独と死を歌った陰気くさい歌」(『夜のフロスト』創元推理文庫)でもある。

 結婚式でまかれる米粒を拾って暮らすホームレスの彼女と、屯(たむろ)する教会のこれまた孤独なマッケンジー神父が出てくる。

 歌詞は「この寂しい人々はどこから来て、どこにいるべきなの?」と繰り返す。でも、孤独は相対的なもの。「Lives in a dream」(夢見心地)で生きている彼女には関係ない。

 ・・・結構、深い歌だよな。(写真はリバプールにある彼女の銅像)


posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットの穴かがり