2018年02月02日

【464】カラオケのレパートリー考

464_カラオケのレパートリー考.jpg

 最近はまったくカラオケしていない。もう高い声も大きな声も出せない。

 それはともかく、普通の人は「聴いたことがある」曲から「歌える曲」「歌ってみたい曲」までいろんなレパートリーを持っており、それを時間軸に引き延ばしたら前後30年分くらいあると思う。

 1960年生まれなら1950年代から1980年代までが何とか歌えるはず。

 自分は戦前の歌も知っているが、2000年以降はほとんど歌えない。まず女歌は無理!エグザなんちゃら系は嫌い!

 まずは「粉雪」「桜」「サウダージ」「海の声」とかをマスターしないと、米津玄師を評する資格もない気がするんだが・・・。いや、爺は「分を守るべき」かな?

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットの穴かがり

2018年02月04日

【465】レピュテーション(評判)と広報力

465_レピュテーション(評判)と広報力.jpg

 だいぶ昔(2000年暮)、日経BP社で出した『デジタル大事典』で、自分はこんなことを書いた。

「(レピュテーションは)『評価』(エスティメーションほど厳密なものではないが、モノの経済から『情報』の経済に移るということは、サービスやブランド、イメージも重要な経営資源になるということだから、それらが生み出す『評判』は軽視できない。株価などの資金調達、販促、情報公開、法令遵守のすべてに関わる・・・」と。

 しかし、昨今の企業から個人に至る不祥事を見ていると、この重要性がまだ分かっていないと思う。要は「広報」つまり「世間との付き合い方の表現力」だが、戦略的にこれを考える日本人はまだまだ少ない。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットの穴かがり

2018年02月06日

【466】「自分の居場所」を問う?アニメ

466_「自分の居場所」を問う?アニメ.jpg

『この世界の片隅に』がやっとYouTubeで見られる。

 この映画は古着の繕いや窮乏食の工夫という戦時中生活誌の側面が話題になったが、もっと哲学的な内容だと思う。

 広島から呉(クレ=九嶺)に嫁いだスズは、大切なものを次々失い、生きる楽しみも存在意義も薄れる。それでも「この世界の片隅に、自分の居場所は果たしてあるのだろうか?」(生きていてもいいのだろうか?)と考えながら生きて行く。

 そこに時代や民族を超えた普遍性がある。できたら戦中の暮らしを知っていた祖母や母と一緒に観たかったが、それは叶わない。ワシらでその「また聞き」を伝えようョ。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットの穴かがり

2018年02月08日

【467】『My Way』を唄える人の資格?

467_『My Way』を唄える人の資格.jpg

 1969年にフランク・シナトラが唄ってヒット。当時のTV番組『アンディ・ウィリアムス・ショー』でもアンディがカバー。これが絶品だったために、これをカラオケで唄いたがる団塊爺が続出した時代があった。

 しかしこれは歌ではない。むしろ語りである。「終幕を迎えた人生だが、色々あった。だが自分は信念を持って生きてきた」と繰り返し"語る"のだ。

 だから、功成り名遂げた老境の人にふさわしい。団塊爺の果たして何割にその資格があったのかなぁ?

「日本のお荷物」とか「いいとこ食い逃げ世代」「キレる老人たち」と言われる晩年だぜぇ。「マイ・ウェイ」を譲ってもう少し道の端っこに寄ろうじゃないか。(写真は、意外と上手い聖飢魔Uの『My Way』)

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットの穴かがり

2018年02月10日

【468】爺飯33 荷風が愛した「かつ丼定食」

468_爺飯33 荷風が愛した「かつ丼定食」.jpg

 永井荷風は78歳で歩行困難になってから、食事は本八幡の貸間近くにあった食堂「大黒屋」で同じものを食べていた。

 かつ丼と味噌汁とろ上新香に1合の酒(菊正宗)を付けた。

 帰る部屋は超ゴミ屋敷。1959年4月30日、死んでいるのが見つかった。少しの吐血にかつ丼の米粒が見つかった。傍らのボストンバックには現金と通帳。その額、現在に換算して約6億円だった。

 その後「大黒屋」は荷風のメニューを「荷風定食」として売り出した。だが昨年6月、食中毒事故を出して閉店。

『日和下駄』で行く昭和な散歩先がまた一つ消えた。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットの穴かがり